ミドリムシが栄養が高いと言うのはご存知だと思いますけれどもこのミドリムシの栄養はとってもバランスが良いことでも有名なのです。
栄養がバランスが良いためこのミドリムシだけを食べて人が生きていけるとまで言われております。
ミドリムシには59種類もの栄養素をバランスよく持っているため健康食品やサプリなのでとても人気の商品となっておりますがミドリムシはどのように成長して生きている生物だか知っておりますか?
実はミドリムシというのは植物同様に光合成を行って生きているのです。
植物だから光合成で栄養素を作ることができるというのがポイントです。
ミドリムシには鞭毛と呼ばれるシッポが付いているので自由に動くことができます。
その為、ミドリムシのことを動物だと言う人も多いのですが実は違います。
ミドリムシを正確に分類してみますとワカメや昆布などの海藻の仲間になるのです。
つまり藻の仲間なので当然のように葉緑体を持っています。
そのためミドリムシは光合成を行えるのです。
いまいちぴんとこない方もいますけれどもわかりやすく言ってしまえば「動くワカメ」と思って良いと思います。
ミドリムシは植物の性質も持っていることなので光合成により成長していきますので太陽の光と水、二酸化炭素でぐんぐんと育つことができるのです。
その栄養その生産効率はとても高くてなんと稲の約数十倍とも言われております。
また高濃度で二酸化炭素の中と言うとても劣悪な環境かでもすくすくと育っていきますので生存能力がとても高いのです。
大気中の約2,000倍と言う高い二酸化炭素濃度の中でも元気に生育していく適正能力を持っています。
つまりミドリムシは生存能力がとても強く繁殖させることに成功するととても安定して食料となり得るわけです。
さらに光合成を行って成長しますのでミドリムシの育てるエサと言うものがいりません。
太陽光ですくすく育っていくのもとても魅力的です。
光合成を行いますので二酸化炭素を炭水化物等に固定化して酸素をつくることもできます。
すなわち地球温暖化対策にとても有望であると期待されています。

私が参考にしたのはここ⇒ミドリムシナチュラルリッチ 口コミ

関連記事