太陽光発電事業を始めようと思った時は始めにいろんなルールがある事を知っておく必要があります。
それはどうしてかというと、実際に太陽光発電事業を始めようと思った時にはいろんなルールがあってそれを知らずに始めると思っていたのとは違っていたという事になりかねないからです。
特にこれまで太陽光発電事業をやって発電した電力をいくらでも買い取ってもらえると思っていたという人もいるかと思います。
ですが、実際はそういうわけではなくて、いくらでも発電した電力を買い取ってもらえるというものでもないです。
それはどうしてかというと、360時間ルールのようなルールがあって電力会社が自社で発電する電力を抑えてもまだ電力の供給が需要を上回るとその分太陽光発電による発電を抑制するように要求できるというのがあります。
これがあるので太陽光発電でできた電力をいくらでも売電できるという事はないです。
そして、このルールで生じた損は補償してもらえません。
なので、そういうデメリットもある事を知った上で太陽光発電事業をしないと思っていたよりも収益が出ないという事になりかねないので注意が必要になります。
この360時間ルールというのは年間で合計360時間電力会社が太陽光発電の抑制を要求できるのでそういうのを分かった上で太陽光発電事業を始める必要があります。
詳しく360時間ルールについて書いてあるので参考にして下さい。⇒太陽光発電 360時間ルール

関連記事


    電気代が気になっている人は、初期費用こそかかるものの、太陽光発電へ切り替えることが大事です。 環境をひとりひとりが真剣に考えるときが来たため、新年度のタイミングをきっかけに太陽光発電へ関心を集めること…