何だか自分の歯がくさいと不安になることありませんか?
10代の頃は口臭なんてそれほど気にしていなかったのですが歳を重ねるにつれ自分の息が臭くなっている気がしてとても不安になる時があります。
一生懸命歯を磨いてその時は歯の臭い匂いはしないのですが、時間の経過とともにやはり口臭が気になります。
このような不安を抱えている人は意外に多いと思います。
「歯磨きをしても口臭がなかなか取れない」という場合には、歯だけではなく実は腸内の環境が悪化しているのが口臭に影響してる場合があります。
実は腸内環境か汚れていると口臭だけでなく体臭や人によっては便臭さえすることもあるのです。
ですので自分でもわかるような臭い口臭を放っていると感じた時ははだけではなく腸内を疑った方が良いのかもしれません。
腸が汚れることにより、悪玉菌をさらに増やしてしまい、悪玉菌が増えてしまう事でアンモニアなど強烈なガスが発生してしまうのです。
このガスが口臭の原因となってしまいます。
それに排泄が起きづらくなってしまうと長い時間便が腸の中に滞在してしまうため腐ってしまったり発行等が起きて臭い臭いのガスが発生してしまいます。
そうすると悪臭がすごい栄養と同じように朝から体の中に吸収されますので血液により体の中にめぐってしまいます。
そして血液と一緒に有害なガスが肺に入り、呼吸により口臭として出てくることになります。

参考: はははのは 口コミ

腸内の悪玉菌を減らすには野菜中心が1番です。
悪玉菌は、タンパク質や脂質をエサにして増殖します。
肉類を摂り過ぎないようにするのが良いでしょう。
また暴飲暴食を行ったり、酒の飲みすぎをしていたり、インスタント食品やお菓子ばかり食べていると悪玉菌は増えてしまいます。
これの対策としては野菜を中心に食事をしお酒の量も適量にすれば必然的に臭いの原因である悪玉菌を減らすことができます。

現代社会では「スメルハラスメント」、通称「スメハラ」という言葉ができる位、臭いっていうのは相手に迷惑をかけてしまう行為になります。
しょうがないと言えばしょうがないんですけど出来る限り自分でケアするのは大切なこととなります。
そこでオススメなのが消臭ケアグッズを使うことです。
消臭ケアグッズを使うことにより簡単に口臭はケアされます。
スメハラと呼ばれないようにお口周りのチケットは大切にしましょう。

関連記事

    None Found