「幼稚園の保育士さん」と仰っていますが、幼稚園に勤務しているのは幼稚園教諭、保育園に勤めているのは保育士で、免許や資格が違います。
(保育士免許を持っていても、幼稚園には勤務できないという事です)
質問者様は保育士についてという事で宜しいでしょうか?

子供がいない保育士は親御さんに認められにくいですか?

基本的に保護者や子どもとしっかりと関係が築けていれば、そんなことは無いと思います。
ただ、中には色々な憶測をする保護者の方もいらっしゃいますし、子どもを持つことで初めて分かる保護者の気持ちというものもあると思います。

滅多にないことですが、いざそういう事にぶつかった時に、しっかりと乗り越えられる覚悟があれば大丈夫です。

新人の年寄保育士が若い先輩保育士さんに混じってもやっていけそうな環境でしょうか?

園にもよると思いますが、私は60手前の方と組んだことがありますよ!

ただ、フットワークが軽いことが大事です。
子どもを抱っこしたり、危険なときに咄嗟に助けたりなどしなければならないので。

保育園は基本的には色々な年齢層の人が勤務しているので、仕事さえきっちりやれば大丈夫だと思います。

モンスターペアレントはいらっしゃいますか?

何をもってモンペとするかによると思います。
私は保育を10年やりましたが、テレビに出るようなレベルの方には会ったことはありません。
ちょーっと細かいなぁ、理不尽だなぁ、保育園はあなただけの物ではないんだよ、という程度の方はまぁそれなりにいます。
私のミスではないことで怒鳴られたこともあります。
そこをモンペとするかどうかでしょうね。
(明らかなクレーマーは別として)

私個人の考えですが、我が子がいるのといない事の差は、ここに一番出ると思います。

明らかに園側の方が理屈が通ってるにしても、我が子を思うあまりつい理不尽な要望を出してしまうことってあるんじゃないかなーと思うんです。
それを「あのお母さんは勝手!モンペ!」と切り捨てるのではなく、「あぁ、そんなに子どもを思ってるんだな」と、寄り添ってあげられるには、理屈ではない親心というものを理解していた方が寄り添ってあげられるんじゃないかなと思っています。

お仕事上で苦労されてること、やりづらいこと

書類やサービス残業ですかねぇ…。
保育はいいんですけど、半分は書類の仕事です。
制作は好きなので、まぁサービスでも許容範囲なのですが、書類はぜーんぜん嬉しくない、楽しくない!

あとは人間関係と言いますが、それはどの業種でも同じなので…。
経験上、株式会社の園は人手不足なのにどんどん新園を立ち上げて、経験不足の人を園長や主任にしていくので、園長が不安定だったり本部との板挟みでイライラしていたりする事が多いと感じました。

こちら保育士のお仕事探しサイトです。⇒ ハローワーク 保育士 求人

実力や責任感だけじゃなく、人間的な魅力を有しており、「違う会社には渡したくない!」などと高い評価をしてもらえるような人になれれば、すぐに正社員になることができます。

近頃は、中途採用を行っている企業も、女性の仕事力に期待しているようで、女性のみ登録できるサイトに関しても増加傾向にあります。
そこで女性のために開設された転職サイトをランキングにまとめてご披露しようと思います。

30代の方に利用して頂きたい転職サイトをランキング一覧にして披露させていただきます。
近年の転職事情としては、35歳限界説というのも存在しないと言えそうですし、30代後半となってからの転職であれど不利な点は無いかと思います。

転職エージェントにおいては、非公開求人案件の数はステータスだと捉えられています。
それを証明するかの如く、どういった転職エージェントの公式サイトを閲覧しても、その数値が記載されています。

転職エージェントにつきましては、数々の企業とか業界との繋がりを有していますので、あなたの能力を検討した上で、マッチする企業選びのサポートをしてくれるでしょう。

非公開求人は、人材募集する企業が同業者に情報を明かしたくないために、意図的に非公開として内々で人材確保に取り組むケースがほとんどだと聞きます。

如何なる理由で、企業はわざわざ転職エージェントを利用し、非公開求人というスタイルをとり募集をするのか考えたことありますか?それにつきまして詳しくお伝えします。

転職したいという気持ちを抑えられなくて、いい加減に転職という行動に出てしまうと、転職後に「こんな目にあうくらいなら前の職場に残っていた方がきっと良かった!」と後悔してしまうことがあります。

自分が望んでいる仕事を得る上で、それぞれの派遣会社の特色を捉えておくことは重要です。
広範囲に亘る業種を扱う総合系や、特定の職種を得意とする専門系など諸々存在しています。

転職サイトは主として公開求人を、転職エージェントは公開求人だけじゃなく、非公開求人を数多く取り扱っておりますから、求人案件が断然多い事になります。

転職サポートに従事するプロの目から見ても、転職相談に訪れる人の3割は、転職は考えない方が利口だという人なんだそうです。
これにつきましては看護師の転職においても変わりはないらしいです。

男性と女性間の格差が縮まったのは確かですが、今もなお女性の転職は簡単ではないというのが現況なのです。
その一方で、女性特有のやり方で転職を成功させた人も相当いらっしゃいます。

今あなたが閲覧しているページでは、転職を果たした30~40歳の人々にお願いして、転職サイトの使用状況に関しアンケート調査を行い、その結果に基づいて転職サイトをランキング化してご案内させていただいております。

様々な情報をベースに登録したい派遣会社が見つかったら、派遣社員として仕事をするために『派遣登録会』まで出向き、派遣スタッフになるための登録をする必要があるのです。

派遣先の職種となりますと多種多様にありますが、総じて短くて数ヶ月毎・長くて1年毎の有期契約で、勤務先である会社は派遣社員に対して、福利厚生といった義務を負うことがないのが特徴だと言えます。

関連記事


    派遣会社おすすめの仕事辞めたいと思わせるすごい主婦保育士が居ました。 私は主婦ですが保育士の資格があります。 自分で探してもいいのですが派遣会社だとピッタリの保育園を 紹介してもらえると信じて登録して…


    現在の業務内容にやりがいを感じていたり、職場環境が気に入っている場合は、今働いている会社で正社員になることを志すべきだと思われます。 転職エージェントのレベルにつきましてはピンキリで、質の悪い転職エー…


    就職活動の方法も、ネットの普及と共に相当様変わりしました。 手間暇かけて狙いを定めている会社を訪ねる時代から、ネット上で運営されている就職仲介ウェブサイトを利用する時代になったのです。 インターネット…


    ウェブ上には、かなりの数の「女性の転職サイト」があります。 あなた自身にピッタリのサイトを発見して、望んでいる働き方が可能な働き口を見つけましょう。 非公開求人もいろいろとありますから、看護師の転職を…


    一口に「女性の転職サイト」と言いましても、募集条件に付いては各々のサイトで違っているのが通例です。 従って、複数のサイトを利用するようにすれば、希望条件に合致する求人が見つかる可能性が高くなると考えま…